最近署名した請願書

「世界アフォリズムの日」制定に関して

「世界アフォリズムの日」制定に関して   ポーランド・ユネスコ国内委員会へ向けた請願書     2016 年 5 月 7 日、スタニスワフ・イェジ・レツ Stanisław Jerzy Lec(1909-1966)   の没後 50 年が経過しました。レツは 20 世紀最高のアフォリストの一人で、『梳   られない思想 Myśli nieuczesane』の著者として一般に知られています。このアフ   ォリストを生んだポーランドから「世界アフォリズムの日」制定のイニシアテ   ィヴを発信するために、これは素晴らしい機会であると我々は認識しています。   アフォリズムは ——最も古く、最も高尚であると同時に最も難しい文学ジャン   ルの一つとして—— 祝日に値します。そのため、ユネスコ総会に「世界アフォ   リズムの日」制定のイニシアティヴを発信できるよう、ポーランド・ユネスコ   国内委員会に申請しましょう。この祝日は 3 月 6 日、つまりスタニスワフ・イ   ェジ・レツの誕生日とするよう我々は提案します。   ポーランドのアフォリストを代表して——   クシシュトフ・ビリツァ Kr

作成されました: 2016-12-06

Time period All countries ポーランド
常に 239 119

World Scout Jamboree Japan - Memorial Package

親愛なる皆様、 Eviと私は、残念なことに、今回の第23回世界スカウトジャンボリーの公式メモリアルパッケージの申し込みをしそびれてしまいました。日本のオーガナイザー側にコンタクトを取り、可能であればメモリアルパッケージを再度申し込みたいと思ったのですが、残念ながら、ある程度の人数を集めないといけないとのことでした。 購入申し込み締め切りをミスってしまった私たちが、同様にミスってしまった大勢の人数を集めることができたら、日本側オーガナイザーと連絡をとり、メモリアルパッケージの再発行(second edtion)を検討してくれるかもしれません。もし、それが可能となったら最高ですよね! 是非、この機会に署名をお願いします。そして、このメッセージをあなたの周りのジャンボリー仲間たちにシェアして、署名を集めましょう。そして、メモリアルパッケージを購入しましょう! 最新の情報はお知らせします。 Evi & Bart

作成されました: 2016-05-16

Time period All countries オランダ
常に 148 77

すべてに手話を送る!

怪我人と聴覚障害者、児童と家族の聴覚協会、手話のFHDBFコール全員!私たちは手話の状態を上げたいと思っています。誰もがスウェーデン手話にアクセスする権利を持っています。*すべての子供や家族に手話/ベビーキャラクターを学ぶ機会が与えられるべきです。*小学校のすべての子供は、スウェーデンの手話を母国語/ B言語として選ぶことができます。*高等学校のすべての生徒は、C言語として手話を選択できる必要があります。*読み書きに問題があるため、手話が必要な他のコースの大学生や学生は、手話で文学を利用できるようにする必要があります。*すべての年齢の学生は、常に手話通訳/通訳を受けることができます。知識集会や政治会議、Almedal Week、Järvaveckanなどのコンテキストにも含まれています。*政府の情報と異なる倉庫は手話で利用可能にする必要があります。

作成されました: 2018-11-26

Time period All countries スウェーデン
常に 117 115

スペインのバス運転手。 アジアの乗客にはこのジェスチャーを使用しないでください。

すべてのスペインのバス運転手は、拒否のために人差し指を動かすジェスチャーを使用します。 このジェスチャーはスペインでは一般的です。 しかし、私はアジア人です。アジアでは、このジェスチャーは挑発的で失礼です。 アジアでは、拒否するために手のひら全体を動かすジェスチャーを使用しています。 したがって、運転手はアジア人の乗客に人差し指を動かしてジェスチャーを使用しないでください。 私たちアジア人はあなたを尊重し、また私たちを尊重してください。

作成されました: 2019-12-18

Time period All countries 中国
常に 31 17

バーゼルを音楽の荒野にしないで!

  バーゼル市参事官に対する請願書:Petition この請願書は、どなたでも署名することができます。バーゼル外、スイス国外に居住する方、外国籍の方、未成年の方、法律に関わる方など、すべての方のご協力が助けとなります。ご署名はページの最後にて、「署名する」ボタンをクリックして完了です。     2014年9月1日、バーゼルに何年間も住み、働いて来た音楽家たちは、突然、スイスを去らなければならないと知らされました。その理由は、移民庁の慣行変更*と告げられました。     *法律解釈、あるいは実施要項の変更で、法律自体は変更されていない。   この慣行変更では、プロフェッショナルな音楽家に対して、全く非現実的な要求がつきつけられています。最たるものは、居住許可を申請するためには、EU圏外のすべての音楽家は、一カ所の雇用主のもとで75%以上の雇用**を明示しなければいけない、というものでした。他にも、さらに非現実的な規制が適用されています。      **スイスでは雇用契約において雇用を%で示して契約します。公立音楽教室の教員、音楽院、音楽大学の教員は50〜60%の雇用が一般的です。週35〜

作成されました: 2014-12-03

Time period All countries スイス
常に 20699 9451



Facebook