Most popular petitions in last 12 months

常に | 24 時間 | 7 | 30 | 先月 | 12 months | 今年 (2021) | 2019 | 2018 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011

WORLD BEE DAY(世界蜜蜂の日) 制定に向けた署名のお願い

スロヴェニア養蜂協会並びにスロヴェニア政府はともに5月20日を「World bee day(世界蜜蜂の日)」として国際連合(以下国連)が制定する国際デーとして承認され、宣言されるよう運動を行っています。   ミツバチと養蜂関連製品の重要性を一般に周知することはミツバチと養蜂文化の保護にとても重要な役割を果たします。そこで我々は5月20日を世界蜜蜂の日として宣言されるよう国連に働きかけます。 詳しくは下記のサイトをご覧下さい。 http://www.czs.si/Upload/WORLD%20BEE%20DAY.pdf   and on http://www.czs.si/content/wbd    ミツバチの重要性は国連において世界蜜蜂の日として制定され、周知されるに値します。  

作成されました: 2015-07-09

Time period All countries スロベニア
常に 1630 1421
12 months 3 0

すべてに手話を送る!

怪我人と聴覚障害者、児童と家族の聴覚協会、手話のFHDBFコール全員!私たちは手話の状態を上げたいと思っています。誰もがスウェーデン手話にアクセスする権利を持っています。*すべての子供や家族に手話/ベビーキャラクターを学ぶ機会が与えられるべきです。*小学校のすべての子供は、スウェーデンの手話を母国語/ B言語として選ぶことができます。*高等学校のすべての生徒は、C言語として手話を選択できる必要があります。*読み書きに問題があるため、手話が必要な他のコースの大学生や学生は、手話で文学を利用できるようにする必要があります。*すべての年齢の学生は、常に手話通訳/通訳を受けることができます。知識集会や政治会議、Almedal Week、Järvaveckanなどのコンテキストにも含まれています。*政府の情報と異なる倉庫は手話で利用可能にする必要があります。

作成されました: 2018-11-26

Time period All countries スウェーデン
常に 119 117
12 months 2 2

ノルウェーの氷山や観光名所のSvartisenを商業的なアイスクリームの生産に利用することはできません! Noruu~ē no hyōzan ya kankō meisho no Svartisen o shōgyō-tekina aisukurīmu no seisan ni riyō suru koto wa dekimasen!

署名し、共有し、この申立てについて、今、計画、環境犯罪を停止するには、この機会を利用するためにご協力いただきありがとうございます! ❤️ 彼らはかつて一度試した後、私たちはそれらを停止しました。彼らはもう一度やり直す!今回は、より大きな資本主義的利益の助けを借りて... ゲイル・オルセン、経由Svaice A / SおよびRamboll A / S計画、および右ヌールランで最も美しく貴重な自然地域の中心部にヘリコプターで氷を除去するためのライセンスを申請しました。この地域は、ノルウェーのヘルゲランドにあるMeløyMunicipalityのLahko / Svartisen国立公園の境界に完全に位置しています。 これは環境犯罪とみなされます! 免許が求められている区域は7分の2マイルです。これにより大規模な氷結、ヘリコプター汚染、予告編、スノーモービルなどの大規模な騒音が発生します。彼らは、ヘリコプターにのみ適用されるCo2アカウントを設定しました。負荷の有無にかかわらず消費が計算/測定されるかどうかは不確実です。他のどの機械も、現在の詳細規制および計画プログラムには含まれていません。

作成されました: 2017-12-26

Time period All countries ノルウェー
常に 406 369
12 months 2 1

介護福祉業界における賃金改正のお願い

加藤勝信 厚生労働大臣 様   今回、私がお願いしたい内容について下に記載します。   介護職員、福祉関係者の賃金の低さは、その職務の重責に対して、あまりにも低いものだと多くの方が認識し、不満を持っていることであります。 まさに現在、コロナウイルスの大流行により世界は混乱を極めています。その中で、医療従事者は多くの評価を獲得し、また、世間が必要不可欠であり、危険手当などの報酬も必要だと認めている事実がありますが、介護福祉関係者については世間での評価も未だ低いものであります。 しかしながら、こういった未曾有の大災害時においても、介護福祉が止まることは許されず、大変重要な責務と大きなリスクを負いながら業務をこなしているのに間違いはありません。 実際に病院勤務の介護士もたくさんおられますし、介護が止まれば世間の生活の根本が止まってしまうともいえます。そして、介護施設においても、クラスターが発生し施設内感染を起こしているところもあります。本当に危険と隣りあわせであり、それでも従事者全員がリスクを省みず、心身を削りながら従事しています。それはいつまで続くかもわからないのが現状です。人手不足に陥れ

作成されました: 2020-04-30

Time period All countries 日本
常に 93 93
12 months 1 1